posted 4 years ago
posted 4 years ago via clione

すると欧州系の支配人が出てきた。
どう対応するのだろう?と観察していると、
「出て行け!お前は客じゃない!」と
物凄い剣幕で怒りだしました。
(もう顔面が怒りで真っ赤でした)

支配人が出てくれば、あと一押しで「タダになる」と期待していた
ガラの悪いクレーマーは、ビックリ!

そして、
「スタッフはお前の奴隷じゃない、謝れ!」とまで言い放ちます。
結局、クレーマーが逆に謝罪することに。

後に話しを伺うと、
「このラインを超えたら客じゃない、というのがある。
ラインまではスタッフに精一杯努力させる。
しかし、それ以上やらせるとスタッフがいじめられて心に深い傷を負う。
そして、この仕事に恐怖を感じるようになってしまう。
それは絶対に避けなければならない。
だから、私たちはこのラインを超えてくるクレーマーがいたら、
その瞬間からスタッフを守るのが義務だ」とのコメント。

外資系の支配人のクレーム対応 - レジャーサービス研究所(東京&上海) - 楽天ブログ(Blog) (via mtakeshi) (via d-d-d) (via masaka) (via gkojax) (via appbank) (via hisaruki) (via udonchan) (via miniatures) (via theemitter) (via yukko) (via yaruo) (via netgeek) (via konishiroku) (via handa) (via tnoma) (via clione)

posted 4 years ago via clione
posted 4 years ago

出版の現状も、今はずいぶんひどい。どの社の編集者も、営業の顔色をうかがう。今は、先行して出版された本の詳細なデータが手に入るため、過去に売れたテーマか、過去に売れた著者以外のものは企画として通らない。どの社も営業がウンと言わなければ出ないそうです。

Twitter / 岩上安身 (via tsuda) (via swmemo) (via clione)

posted 4 years ago via clione

無茶なことをいう人が増えた

「あと4時間したら海外に出かけるから、今からこの下痢を止めて下さい」とか、子供が怪我して、明日朝からそれでも家族旅行だから、「明日の外科外来には来ないけれど何とかして下さい」とか、そういうことを言う患者さんは昔からいるんだけれど、最近増えた。これがせめて、来週から旅行だから、念のため抗生物質一式下さいとか、明日は病院に来られないから消毒セット一式下さいとか、そういう依頼ならばあるいはまだしも何とかなるし、相談の余地もあるんだけれど。

「コンビニ受診」というのはもう日常用語だけれど、コンビニエンスストアが提供している価値というのは、たぶん「予期の代行」なのだったのだろうと思う。

昔だったら「どうしてちゃんと考えて準備しなかったんだ」とか、「こうなることを何で想像できなかったんだ」とか怒られるような状況でも、今ならコンビニエンスストアがあるから、そこにでかければ、たいていのことはけっこう何とかなってしまう。

全国にコンビニエンスストアが普及して、もうそれが当たり前になってしまったものだから、あらかじめ計画を立てるとか、必要なものを前もって準備するとか、そういう能力は、そこにあるコンビニエンスストアに任せられるようになって、結果としてもしかしたら、準備ができるとか、あらかじめ見越せるだとか、そういう能力の価値というのは、今はもうずいぶん低くなってしまった。

「今すぐ何とかしろ妥協はゆるさん」という患者さんはたぶん、何かを計画するとか、状況が変わって、次にどうするとか、そういう予期に、価値を認めていないような気がする。それは価値のない考えかただから、そもそも考えないし、何があっても「今すぐお前が何とかすればいい」という解答が、真っ先に返ってきてしまう。

できないことのデザイン - レジデント初期研修用資料 (via yellowblog) (via konishiroku) (via yaruo) (via motomocomo) (via kogure) (via clione)

posted 4 years ago via clione
clione:

また、夕刻には自民党の世耕弘成議員とニコニコ動画生放送対談をさせていただきました。 テーマはもちろん、インターネット選挙運動解禁。 世耕議員は本件についての大先輩ですが、本当に前向きなお話しをいただき、 今後の解禁に向けてかなりの展望が開けました。 今日の放送は、来場者数3,966人、コメント19,957と、大盛況で大感謝です。 (via デフレ脱却とインターネット選挙解禁推進 | 民主党参議院議員 ふじすえ健三
)

clione:

また、夕刻には自民党の世耕弘成議員とニコニコ動画生放送対談をさせていただきました。 テーマはもちろん、インターネット選挙運動解禁。 世耕議員は本件についての大先輩ですが、本当に前向きなお話しをいただき、 今後の解禁に向けてかなりの展望が開けました。 今日の放送は、来場者数3,966人、コメント19,957と、大盛況で大感謝です。 (via デフレ脱却とインターネット選挙解禁推進 | 民主党参議院議員 ふじすえ健三

)

posted 4 years ago via clione

漫画や猥褻本の多くは、見る時間を費やしても良い程度には本だが、なんやら難しい字で高尚そうな、賢くなりそうな「新刊」のほとんどは、見かけがそうなだけで中身は読むだけ馬鹿になる本だ。どちらが社会に悪害かというと100%後者だが、これらは何故か規制されない。

Twitter / 藤若亜子

posted 4 years ago

本には3種類あると思う。読めばそれだけ愚になったり、心を狭くしたりして、どんどん人をダメにしていく(お金や時間等のコストの問題どころではない)本。読んでる間程度は人生に何かをもたらす時間は費やしても良い程度の(立ち読みや図書館借りに適した)本。そして最後に、本当に本たる本。

Twitter / 藤若亜子

posted 4 years ago

俺はニコニコでのアンケートとか、政治や社会をやっているのは「ネタ」だと思っていたが、川上の発言を聞くと、どうも本気で「自分たちは情報を加工せずに提供している」と思っているらしい。これは怖い #ura_media0322

Twitter / 赤木智弘

posted 4 years ago